帯匠誉田屋 綺羅織璃展 〜螺鈿の煌き

帯匠誉田屋 綺羅織璃きらおり展 〜螺鈿の煌き
令和2年6月13日(土)~ 16日(火)
11時~19時(最終日は18時迄)
「綺羅」は綾絹と薄衣のこと。
「璃」は水晶やガラスの古称。
きらめくものは寶。
螺鈿は金銀玉石と同格の寶とされ、
富喜や永遠の美の象徴でもありました。
夜光貝、白・黒蝶貝、鮑貝、黒真珠貝などの貝殻を
薄く研磨し、裁断し、織り込む。
正倉院の時代にはなかった夢の織物が出来上がりました。
螺鈿 桧垣文
  • ご来店特典として、誉田屋製の帯地からバックをお作りいただけます。お好きな帯地をお選びいただき、お仕立代22,000円(税込)のみにて申し受けます。
  • 今回特別に、昨年、NHK BSプレミアム「究極の帯・帯匠 山口源兵衛と仲間たち」で挑んだ「那智の大滝」の帯を展示いたします。(非売品)
期日の社会の状況により、止むを得ず中止となりますこともございます。


Scroll Up